JP労組の活動

JP総合研究所

研究会の紹介

「人口減時代に向かう地域社会と郵便局のあり方研究会」
目的

急速な少子高齢化・人口減少が地域社会に及ぼす影響とその中で郵便局のあり方について、中長期的な視点から調査・研究を行い、提言をまとめていきます。

《メンバー構成》(順不同)

・学識経験者

立原 繁 東海大学 観光学部 教授
奥西 好夫 法政大学 経営学部 教授
今井 照 福島大学 行政政策学類 教授
金子 勇 神戸学院大学 現代社会学部 教授
中澤 高志 明治大学 経営学部 教授
森川 健 野村総合研究所 上級コンサルタント
鶴見 麻衣 中小企業診断士、千葉商科大学 講師

・JP総研

オブザーバー
河西 研 上野郵便局長、関東地方郵便局長会 中堅若手委員
鶴岡 俊之 木更津桜井郵便局長、関東地方郵便局長会 中堅若手委員
設置期間
2014年9月〜
「創業150周年−日本郵政グループの新たな飛躍研究会」
目的
2021年に創業150年を迎える日本郵政グループの将来を見据え、今後日本郵政グループが取り組むべき課題を探り、新たな経営戦略・営業戦略を模索します。
メンバー構成 (順不同)

・学識経験者

竹澤 康子 東洋大学 経済学部 教授
戸崎 肇 早稲田大学 商学学術院 商学研究科ビジネススクール 教授
蟻生 俊夫 電力中央研究所 企画グループスタッフ 上席
樋口 徹 作新学院大学 経営学部 教授
唐 成 中央大学 経済学部 教授
武井 孝介 JP総合研究所 客員研究員、作新学院大学 経営学部 准教授
上野 雄史 静岡県立大学 経営情報学部 講師

・JP総研

設置期間
2014年10月〜