福祉型労働運動/JP smileプロジェクト

 郵政事業は地域に密着した事業です。「福祉型労働運動/JP smileプロジェクトは、その職場で働き、地域のことを熟知しているJP労組の組合員だからこそできる運動であると位置づけ、これからのJP労組運動の柱の一つと考えています。
さらに、労働組合も地域社会の一員であることから、社会的責任と存在価値を高めていく重要な運動であるとし、その活動範囲を地域に拡げ、それぞれの地域特性を活かしたさまざまな取り組みが全国で行われています。

「JP smile プロジェクト」の「smile」には次の意味が込められています。
  • ⓢ  sympathy シンパシー (共感)
  • ⓜ  make メイク (つくる)
  • ⓘ  idea アイデア (アイデア)
  • ⓛ  love ラブ (愛)
  • ⓔ  emotion エモーション (感動)
「福祉型労働運動/JP smile プロジェクト」の本格展開にあたり、各支部等で活用できるマニュアルや実践レポート等を作成しています。
「全機関1・Action」の実践に向けた参考として、ご活用ください。

※以下のリンク先は組合員専用サイトになります。