JP労組とは

JP労組の組織数等

JP労組は日本郵政グループ関連企業で働く仲間で構成され、全国で約24万3千人が加入しており、単一の労働組合としては国内最大の組織です。

私たちは、希望に満ちあふれた事業と労働組合を創造し、組合員の生活の向上と公正な社会づくりに貢献するために、全国の仲間が力を合わせて活動を行っています。

JP労組の組織数

(2020年3月現在)


会社との交渉で処遇や
労働条件を改善

会社で働いていく上で、いろいろな疑問や悩みを抱くことがあります。その大半は仕事の仕組みのほか、職場環境や給与・休暇などの労働条件が関係しています。しかし、雇用される側の私たち(労働者)は、会社(使用者)に対して弱い立場にあるので一人では言い出しにくいものです。そこで、JP労組は、職場で頑張っている組合員が安心して働き、暮らし続けられるよう、雇用の確保と労働条件の維持・向上を最大のテーマに、個人では解決できない問題・課題等について、会社と対等な立場で交渉を行い、さまざまな改善に取り組んでいます。

会社との交渉で処遇や労働条件を改善

一人ひとりでは会社に言えない悩みや提言をJP労組が集めて会社に伝えます。

一人ひとりでは会社に言えない悩みや提言をJP労組が集めて会社に伝えます